fukuoka_digital_business_contents_award

Ah got a Honorable mention at Fukuoka Digital Business Contents Award.

弊社穴井が開発に参加した作品「」が
福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞にて奨励賞を受賞いたしました。

また、4月に開催されるコンテンツ東京2018の出展権も同時受賞いたしました。
アップデートされた「あ」を是非見に来てください。

We got honorable mention of Fukuoka Business Digital Contents Award.

We will exhibit to Contents Tokyo at April, it will be improve our product by new technology.

Let’s check it out!

福岡Ruby コンテンツ・ビジネス振興会議 Web

yuki_anai_in_the_rain_01

Rain at Sketch, London!!

イギリスのロンドンのMayfair地区にある、レストラン・カフェ「Sketch」に、
新作インスタレーション「in the rain」を11月16日 ~ 1月10日にかけて展示しています。

Sketchは、
ミシュランで2度3つ星を獲得した有名シェフが手がけるディナーから、
アフタヌーンティーまで楽しめる素敵なカフェ。

アートな絵画からインスタレーションまで、
多種多様な作品が展示されている、ロンドンの中でも特徴的なカフェとなっています。

in the rain」は、
The East Barを上がった先にある、
instagramユーザーの中では有名なあの卵型トイレの空間にインストールされています。

Kinetica continues its residency at Sketch with the UK premiere of Japanese artist Yuki Anai’s ‘In The Rain

Kinetica presents Yuki Anai at Sketch
16th November – 10th January
Sketch, 9 Conduit Street, W1S 2XG

Yuki Anai is a media artist working with sound, lighting and sensors, whose installations are inspired by nature.
See video of ‘In The Rain’ HERE

Also showing is a new immersive work, ‘Silent Light’, by Chris Levine

Sketch was inaugurated in 2002 by restaurateur Mourad Mazouz and three Michelin starred chef Pierre Gagnaire, as a destination for food, art and music as well as experimentation in design and architecture.


■ Official Homepage
Official Homepage

■ Press Release
Details from Kinetica
Silent Night at sketch London
LondonTown.com
ロンドン旅行で必ず行きたい!「スケッチ」のオシャレ空間と卵形トイレ

in_the_rain2_1022x512

I exhibit a new artwork at Zushi Art Festival 2017.

10月7日から開幕する、
神奈川県逗子市一帯を使ったアートフェスティバル「ZAF 逗子アートフェスティバル2017」に、
新作インスタレーション「in the rain」を展示します。

雨にまつわることわざは50通り以上存在し、
熟語は100通り以上にのぼるほどの表現の豊かさを持つ、
この雨が持つ多彩な表情をインスタレーション形式で再構築したものが本作品です。

言葉のない雨が降り注ぎ、
流れ行く時の中で、雨との対話を楽しんでもらえれば幸いです。

また、音楽はチームラボの楽曲を多数手がけている
音楽家の高橋英明氏が担当。
繊細な音と光の広がりを表現します。

in the rainは、
10月7日(土)〜10月9日(月・祝)と、
10月14日(土)〜10月15日(日)の週末に展示予定です。

トリエンナーレの年度である今年は、
きゃりーぱみゅぱみゅ等のライブ演出で知られるMIRRORBOWLERSや、
逗子海岸を光で彩る逗子Night Waveなど、
例年以上にたくさんの作品が展示されることになっておりますので、
是非この機会にご来場ください。


– ZAF 逗子アートフェスティバル2017 公式Webサイト
http://zushi-art.com/

– 表題画像
GATAG magomaev

fusen1

I will exhibit new artwork at Shizuoka science museum “Ru-Ku-Ru”.

3/18より静岡科学館るくるにて開催される
企画展「サイエンス アート展 ~魔法って、カガク⁉~」にて
作家の Keisuke Shuto さんの作品を一部お手伝いさせていただきました。

展示では、
バルーンに地球や月といった惑星をモチーフにした映像を投影しつつ、
インタラクティブにも楽しめるモノを作りました。

5/7までの長期開催なので、是非遊びに来てください。
期間中にも随時アップデート予定です。
http://www.rukuru.jp/

light_pet_4

Made new prototype at Light Hack Day.

諏訪デザインプロジェクトの一環で開催された、Light Faceを用いたハッカソンに参加してきました。
https://www.japan-minute.com/2017/01/06/light-hack/

僕のチームでは、
Light-Petという、
持ち主の生活をちょっと便利にする、ペットのような自律制御型ロボットを開発しました。

opam

“Ah” is now exhibit at Oita Prefecture Art Museum.

」が、12月16日より大分県立美術館(OPAM)にて開始する魔法の美術館に出展いたします。

「魔法の美術館」は、光や音、映像などを使ったアート作品が一堂に集まったまったく新しい体験型の展覧会です。
会場では、大人も子どもも、見て、触れて、参加できる作品を体験することができます。

「あ」は、日本語の多様性を「あ」という形をした物体を通して再認識する、
体験型のアート作品です。


期間
2016年12月16日(金)~2017年1月28日(土)
10:00~19:00(最終入場18:00)

展示会場
大分県立美術館(OPAM) 3階 展示室B

入場料
一般   1,200円(1,000円)
高大学生  800円(600円)
小中学生  600円(400円)
※( )は前売り、20名以上の団体料金
※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は前売り料金
※未就学児無料

お問い合わせ
OBS事業部 Tel:097-553-2509(平日9:30~17:30)

イベント詳細ページ
http://www.e-obs.com/event/event/16661.html

おおいた光のファンタジー2016_光の川1

I acted as Art Director of Oita Light Fantasy 2016.

東九州最大規模の都市型イルミネーションとして11月11日より開催される、
おおいた 光のファンタジー2016 ~ 星空のシンフォニー ~」の全体監修を担当いたしました。

今年は昨年のイルミネーションに加え、
会期が2月14日まで伸びたことで、30分に一度の演出イベントも大幅にUP。
クリスマスからお正月、バレンタインまで何度来ても新たな楽しみが感じられる仕掛けになっています。

更に今年は、
大屋根裏の大幅ボリュームアップや、
駅前広場に新たに設置される、まちなかとのつながりを象徴した「光の川」など
コンテンツ盛りだくさん!

点灯式には「大塚愛」さんがゲスト出演するなど、
見どころ盛りだくさんのイルミネーションとなっております!

皆さまのご来場、心よりお待ちしております。


おおいた 光のファンタジー2016 ~ 星空のシンフォニー ~ 開催概要

期間 :
2016年11月11日 ~ 2017年2月14日
17:00 – 24:00

場所 :
大分市中央通り
大分駅府内中央口広場

主催 :
大分都心まちづくり委員会
(株)JR大分シティ
九州旅客鉄道(株)

後援 :
大分合同新聞社
OBS大分放送
TOSテレビ大分
OAB大分朝日放送
エフエム大分
OCT大分ケーブルテレコム

中央通りイルミネーション協賛 :
大分銀行
大分合同新聞社
大分商工会議所
NPO大分研究所
鬼塚電気工事

公式サイト :
http://oita-light-fantasy.com/

taiken_01

“Ah” is now exhibit at Contemporary Art Museum, Kumamoto

熊本現代美術館にて6月25日より開催されている、
かえってきた!魔法の美術館」展にて、
team Panaiで製作した「」を出展しています。

今回は、これまでの「あ」に加え、
カタカナの「ア」も制作し出展しています。

現代日本の文字文化においてカタカナは形骸化の象徴です。
例えば、ビジネス用語や2ちゃんねるおける「イイハナシダナー」といった表現は
まさにその好例といえます。

そこで、我々は「あ」と「ア」を対比的に展示することにより、
文字や言葉の持つ本質を問うものであります。


展覧会期:
2016年6月25日(土)~9月19日(月・祝)(75日間)

会場:
熊本市現代美術館
熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3階
TEL:096-278-7500
FAX:096-359-7892
http://www.camk.or.jp/

開館時間:
10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)

休館日:
火曜日休館